放送コンテンツ

2月11日~13日の3日間 NHK「第48回 番組技術展」

2019211日】

写真 1
昨年の番組技術展の模様

NHKは、全国の技術職員が開発・改善した最新の放送機器、番組や緊急報道へのさまざまな取り組みを紹介する「第48回 番組技術展~放送現場のアイデアから生まれる技術を紹介~」を2月11日(月・祝)~13日(水)の3日間、東京都渋谷区の放送センターで開催する。毎年恒例の同イベントは今年で48回目となる。今回はAIを活用し放送したリポートなどをPR動画用に短く要約するシステムや、クロマキーセットと呼ばれる青や緑の背景セットが不要で屋外の撮影にも使用できる映像合成システムなどの他、8K番組「深海の大絶景」の制作で使用した深海用8Kカメラシステムの仕組みや実際の機材も展示する。今回の展示項目は合計23項目。
 第48回番組技術展の開催概要は次の通り▽日程:2月11日(月・祝)~2月13日(水)▽時間:10時~17時(入場は閉館30分前まで)▽入場料:無料▽番組技術展HP:http://www.nhk.or.jp/bangiten//
 展示概要は以下の通り。
 【4K8K~超高精細映像と三次元音響で高臨場感の番組をお届けします】▽国際宇宙ステーションからの8K映像(放送技術局 制作技術センター/制作局)▽深海8Kプロジェクト(放送技術局 制作技術センター/技術局 開発センター)▽4K―HDRドラマ制作技術(放送技術局 制作技術センター)▽4K一体型カメラ取付型光リンクと収録部集中コントローラー(放送技術局 制作技術センター)
 【番組制作~最新技術の活用と創意工夫で魅力的なコンテンツをお届けします】▽立体音響再現技術を使ったオーディオドラマ(放送技術局 制作技術センター)▽ロケミキサー用バッテリーと専用充電器(放送技術局 制作技術センター)▽伸縮素材を用いたカメラ用防水カバー(技術局 開発センター)▽遠隔試写システム(遠隔試写実現プロジェクト/情報システム局/技術局 開発センター/放送技術局 制作技術センター)▽クロマキーレス背景分離・合成システム「Keydream」(松江放送局)▽映音同時伝送・IP技術を設定なしで楽して活用(NHKメディアテクノロジー)▽小型SDIペイロードチェッカー(NHKメディアテクノロジー)
 【番組制作~AI利活用による効率化でより質の高い番組をお届けします】▽AIを用いた動画要約システム(青森放送局)▽スピード翻訳システム(国際放送局)▽AIを利用したスピードガン球速表示システム(熊本放送局)▽AI顔ぼかし加工システム(放送技術局 制作技術センター/放送技術研究所/技術局 開発センター)▽顔認識技術による“番組権利情報 作成基盤”(放送技術局 メディア技術センター/知財センター)
 【緊急報道・放送確保~より迅速に・より確実に番組をお届けします】▽IP伝送モニタリングシステム(札幌放送局)▽ロボカメ元気モニター(長野放送局)▽全方位カメラを使用したサーバーシステム(放送技術局 報道技術センター)▽FPU基地局スピードスター(名古屋放送局)▽公共インフラ不要の遠方監視システム(徳島放送局)▽放送回線の降雨減衰予測システム(京都放送局)▽放送所ALLチャンネルモニター監視装置(広島放送局)
 【4K8K受信相談】▽皆様の疑問にお答えします! 4K8K受信相談(技術局 送受信技術センター)
 【技術移転】▽活用してみませんか? NHKの技術 NHK技術の移転(技術協力とライセンス) (放送技術研究所/NHKエンジニアリングシステム)

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ