放送コンテンツ

日本テレビ XRコンテンツ制作および開発支援サービス開始 

2022412日】


 日本テレビ放送網株式会社(東京都港区、杉山美邦社長)は、XR(AR・VR・MRの総称)分野のコンテンツ制作をワンストップで提供するサービス『日テレXR』を2022年4月よりスタートすると発表した
 日本テレビでは、これまで mixta(ミクスタ)という名称で「ベストアーティスト」等の音楽番組や「24時間テレビ」のチャリティ企画を通して、タレントやスポーツ選手と一緒にいるような体験ができるAR企画を数多く展開してきた。
 今後、メタバース・XR技術への注目が高まっていくことから、事業範囲をさらに拡大し、XR分野を活用したコンテンツ制作、プロトタイプ開発支援サービスをスタートすることとなったという。
 日テレグループならではの放送クオリティの企画演出・コンテンツ制作でB2B・B2C双方の課題解決のサポートを、3つのサービスで提供する。
 ▽「XRコンテンツ制作」サービス:XRを活用したプロモーションやファンサービスを企画から実施まで顧客と一緒に制作する。
 スマホARからヘッドマウントディスプレイを使用したメタバース向けのコンテンツ制作まで対応。
 ▽「XRプロトタイプ開発」サービス:まだ世の中に無い新しいサービスの形をXRのツールを使ってプロトタイピングする。
 顧客が描くコンセプトイメージをXR体験に作り上げる。
 ▽「XRオリジナルプロダクト」サービス:ARアプリ、ウェブAR、体験型のAR撮影ブースなど、日テレ独自のプロダクトを提供する。(mixta AR・mixta WebAR・mixta Shotなど)
 コンテンツが将来的に「視聴」から「体験」へシフトしていくことを見据えて、コンテンツホルダーや外部XR開発会社とも連携し、ユーザーやイベント来場者の体験を最大化することで、より豊かな社会の実現を目指す。
 これまで日本テレビが番組制作等で培ってきたノウハウを活用し「XRの企画を行いたいが、どう進めればよいのかわからない」という企業をサポートしていくとしている。
 

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ