デジタル家電

ハイエンドPCの新シリーズ発表 ゲーミングPCなど5機種発売

2018424日】

写真 1
「NEW ALIENWARE 17」

写真 2
「New Dell G7 15」

写真 3
柳澤真吾氏

 デルは4月24日に都内で記者会見を開き、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」の2機種と、同社のハイエンドPCの新シリーズ「Gシリーズ」の3機種を4月24日より順次発売すると発表した。
 「ALIENWARE」ブランドは「NEW ALIENWARE15/17」の2機種が発売。ともに最大6コアのインテル第8世代i9HシリーズCPUを搭載可能で、最大5・0GHzのファクトリーオーバークロックを同ブランドのノートPCラインアップで初めて実現したモデルとなっている。冷却装置も進化しており、「ALIENWARE Cryo―Tech v2・0」を搭載。冷却用のファンブレードの厚みを0・4㍉㍍から0・2㍉㍍に薄型化してベイパーチャンバーをCPUの冷却用に追加することで、CPUのコアをより効率的に冷却可能となっている。
 また、両機にはインターフェースを改良した新型の「ALIENWARE Command Center」を採用。ゲームに応じた周辺機器の設定やオーバークロック設定などを行えるほか、筐体のライティングを13箇所に分けて変更可能。RGBに対応し最大1680万色の中から選択可能で、ライティングの種類は8京種類以上。筐体のカラーも、15型はエピックシルバーのほかにマットカラーのブラックが追加された。
 最小構成価格(税別・配送料込み)は15型が19万4980円からで、17型が20万9980円、発売日は4月24日となっている。
 新シリーズとなる「Gシリーズ」は、「New Dell G3 15」「New Dell G5/G7 15」の3機種をラインアップしている。同シリーズについてALIENWAREマーケティングマネージャーの柳澤真吾氏は「同シリーズは、従来展開しているハイエンドモデルとは違った製品群になります。〝G〟の頭文字はゲームだけではなくてグラフィックのGとも考えており、動画像編集や配信など多くのユーザーにお届けできるようなデザインになります」と話しており、ALIENWAREブランドも含めて動画配信サイトでのゲーム配信用途の需要も取り込む狙いがあるという。
 「New Dell G3 15」は15型のディスプレイを搭載しており、NVIDIA GeForce GTX 1050/1050TiのGPUを搭載でき、CPUは第8世代のインテルクアッドコアHシリーズを装備。また、オプションとしてデュアルファンやデュアルドライブ、SSDを選択可能。カラーは日本市場で人気の高いホワイトに加え、ブラック、リーコンブルーの3色がラインアップされている。
 「New Dell G5/G7 17」は、NVIDIA GeForce GTX 1060 Max―Qを搭載可能なハイパワーモデル。ディスプレイは15・6型のFHD。カラーは「New Dell G5 15」がブラックとレッド、「New Dell G5 17」がホワイトとブラックが用意されている。
 最小構成価格(税別・配送料込み)はG3が10万9980円から、G5が12万4980円から、G7が13万9980円から。発売日はG3およびG7が4月24日で、G5のみ5月8日より発売となっている。

デジタル家電一覧へ  トップページへ