特集

黒田徹所長に見どころを聞く「技研公開2018」

2018523日】

写真 1
NHK放送技術研究所 黒田徹所長

NHK放送技術研究所(技研)では、最新の放送技術などの研究成果を広く一般に公開するイベントを年一回行っている。今年は5月24日(木)~27日(日)の4日間、「技研公開2018」としてNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で開催する。72回目を迎える今年の技研公開では、NHK3か年計画で掲げている、より臨場感・実物感の高いコンテンツを届けるための技術「リアリティーイメージング」、ネットを活用してユーザー体験を向上させる技術「コネクテッドメディア」、AIにより効率的に番組を制作する技術「スマートプロダクション」について、24項目の研究成果を展示するとともに、5項目の体験型の展示を実施する。今回の見どころを昨年に引き続き、NHK放送技術研究所の黒田徹所長に聞いた。
 ――「技研公開2018」のコンセプト・テーマはどのようなものですか
 黒田 今年は、「よりリアルに、スマートに、あなたとつながる」をテーマに、24項目の研究成果を展示します。
 新たに策定した「技研3カ年計画(2018―2020年度)」の3つの柱である、「リアリティーイメージング」、「スマートプロダクション」、「コネクテッドメディア」に沿った展示コンセプトで、より臨場感・実物感の高いコンテンツ制作、AI(人工知能)による番組制作支援、インターネットの活用など、新しい放送技術とサービスの創造に向けた研究成果を展示します。
 (全文は5月23日号に掲載)

特集一覧へ  トップページへ