三菱電機など、AI活⽤の⾃律⾛⾏ロボットデリバリーサービス

三菱電機は、Uber Eats Japan 合同会社、Cartken とこのほど、⾃律⾛⾏ロボットを使⽤したオンラインデリバリーサービス提供に向けて業務提携したと発表した。
ロボットデリバリーサービスは 2024年3⽉中に東京都内の⼀部地域で開始する。
Uber Eatsがロボットデリバリーサービスを提供するのは、⽶国に続き世界2ヵ国⽬となる。
Cartkenが設計し、AI技術を駆使したデリバリーロボットが、三菱電機による⽇本仕様への適合(⼀般社団法⼈ロボットデリバリー協会による安全基準の適合試験に合格したロボットを、管轄の都道府県へ届出することにより運⾏)と導⼊・運⽤により、Uber Eatsアプリ上で展開されるとしている。
⾼度なAIモデルやアルゴリズムを活⽤した物体検知技術や⾃律⾛⾏性能、遠隔操作機能を備えたCartken製デリバリーロボットは、三菱電機による⽇本仕様への適合により、道路交通法に定める遠隔操作型⼩型⾞として最⾼時速5・4kmで歩道等を⾛⾏する。カメラを通じて取得される映像では、⼈物は個⼈を特定できないようマスク処理を⾏い、通⾏⼈のプライバシーに配慮された仕組みとなっている。
ロボット内部には断熱性のある約27リットルの積載スペースが備わっており、配達中も料理などを適切な温度に保つとしている。

(全文は2月28日付け2面に掲載)

投稿者プロフィール

アバター
田畑広実
元「日本工業新聞」産業部記者。主な担当は情報通信、ケーブルテレビ。鉄道オタク。長野県上田市出身。