アンリツなど、進化した帯域制御装置の新製品を発売

アンリツ(濱田宏一社長 )とSCSK(當麻隆昭代表取締役執行役員社長)は、アンリツが開発・製造する高精度帯域制御装置「PureFlowシリーズ」の新製品「PureFlow AS1」(ピュアフロー・エーエスワン)を、販売代理店であるSCSKを通じて 2024年1月15日より発売したと発表した。
進化した帯域制御装置「PureFlow AS1」は、クラウドサービスが拡大する現代のビジネス環境下での安定的なネットワーク環境を支える、新しい帯域制御アプライアンス製品。
近年、急激なリモートワークの一般化や、クラウドサービスの普及などに伴い、ネットワークへの負荷が増大している。ネットワークへの負荷の増大は、データの送受信に遅延が生じ、アプリケーションのパフォーマンスの低下を招きかねない。また、ネットワークの構成が複雑になるため、障害の発見や回復が困難になるなど、QoE(体感品質)やQoS(サービス品質)の維持という観点でも、ネットワークの運用・管理における課題が顕在化している。
「PureFlow AS1」は、クラウドサービス環境下で統合管理を可能とする「ドメインフィルタ機能」「SNI識別機能」やサーバーやネットワークの状態監視に活用できる「アクティブモニタ機能」などの新機能により、運用管理の課題解決に寄与する。

(全文は1月24日付け2面に掲載)

投稿者プロフィール

アバター
田畑広実
元「日本工業新聞」産業部記者。主な担当は情報通信、ケーブルテレビ。鉄道オタク。長野県上田市出身。