KDDIスマートドローンなど ドローン検体輸送に人流データ活用

KDDI、KDDIスマートドローンは11月20日から12月4日まで、人流データを活用した地上リスク評価およびドローンによる検体輸送の実証実験を実施したと発表した。
同実証では、スマートフォンの位置情報を基にした人流データを活用して人通りが少なくリスクの低い飛行ルートを設計・選択し、病院から検査機関までドローンでの検体輸送を行った。
同実証は、内閣府から採択された「先端的サービスの開発・構築や先端的サービス実装のためのデータ連携等に関する調査事業」の一環として、内閣府の「スーパーシティ型国家戦略特区」に指定されている茨城県つくば市の協力のもと実施した。
物流業界では、トラックドライバーの時間外労働の規制などによる「物流の2024年問題」が社会課題となっている。特に医薬品や検体など納品遅延が致命的となる医療物資の配送時や、交通渋滞が発生する災害時などにおいて、交通状況に左右されない新たな配送手段としてドローンの利活用に期待が高まっている。一方、ドローン飛行に関する現行制度では、レベル4飛行(有人地帯における補助者なし目視外飛行)は低人口密度環境での飛行のみが認められており、都市部でレベル4飛行が可能なエリアは極めて限定的だ。
同実証により、ドローンでの検体輸送時に人流データを活用することで、リスクの低い飛行ルートを選択して安全に輸送できることを確認した。今後、同実証の実施結果や病院・検査機関からの評価を基に、社会実装に向けた課題検証を行い、地上リスク低減の仕組みを構築する。また、将来的に人口密集環境においてもレベル4飛行を可能とする手法として、制度整備への提言を進める。

写真は 実証実験のもよう

(全文は12月8日付2面に掲載)

投稿者プロフィール

アバター
田畑広実
元「日本工業新聞」産業部記者。主な担当は情報通信、ケーブルテレビ。鉄道オタク。長野県上田市出身。