NEC、共同輸配送プラットフォーム」運用実証を開始

NECは、複数企業の荷物を同一トラックで運ぶ共同輸配送の取り組みを容易かつ効率的に実現するため、デジタル技術を活用した共同利用型のサービスプラットフォームの運用実証を花王、日通NECロジスティクス、三井倉庫サプライチェーンソリューション、横河電機など各社の参加のもと、2023年9月から2024年3月まで実施していると発表した。今回の実証では、実証に参加する各社の物流データをNECが開発中のサービスプラットフォーム「共同輸配送プラットフォーム」上で共有し、AIを活用した共同輸配送のグループ候補の自動抽出や、条件調整および
最適化による運行計画の自動作成などを行い、デジタル技術の活用と輸送オペレーションの両面から運用上の課題点の抽出や検証を行う。

(全文は9月20日付2面に掲載)

投稿者プロフィール

アバター
田畑広実
元「日本工業新聞」産業部記者。主な担当は情報通信、ケーブルテレビ。鉄道オタク。長野県上田市出身。