クニエなど 「日藝生による江古田メタバース・イノベーション」始動

日本大学芸術学部(日藝、東京都練馬区、川上央学部長)、日本電子計算(東京都千代田区、茅原英徳社長)、Urth(東京都新宿区、田中大貴代表取締役CEO)、NRC一級建築事務所(NRC、東京都墨田区、鶴田 一代表取締役)、およびNTTデータグループのクニエ(東京都千代田区、山口重樹社長)は共同で、日藝生による「江古田メタバース・イノベーションプロジェクト」を開始したと発表した。
プロジェクトでは日藝キャンパスの所在地である「江古田のまち」が持つ魅力を発信するべく、学生独自の視点でまちの魅力を発見・定義し、アート・デザインを用いてメタバース上に再現する。プロジェクトの全体企画・構想は学生が主体となり進め、参画企業は各社がこれまで培ってきたメタバースや建築に関する知見に基づき助言をすることで、学生を支援する。
2月より、特設サイト「はちゃメタByニチゲイ」上にて日藝生のアート・デザインのアプローチや、メタバース技術を活用してまちを構築する過程、メタバースの完成作品等を順次公開する。また、2024年3月下旬以降、「日本大学芸術学部A&Dギャラリー」にて、スケッチや制作オブジェクト等を展示する。

 

(全文は1月24日付け2面に掲載)

投稿者プロフィール

アバター
田畑広実
元「日本工業新聞」産業部記者。主な担当は情報通信、ケーブルテレビ。鉄道オタク。長野県上田市出身。